読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

UnlimitedHandを触ってきた話

日記 Unity

先日参加したUnlimitedHandのためのUnity勉強会にて、UnlimitedHandに触る機会があったので、色々と遊んでみました。

unlimitedhand.connpass.com

UnlimitedHand

UnlimitedHandは、腕に巻くだけで直感的にVRゲームを操作でき、VRゲーム内の擬似的な触感も得られる2種類の新技術が搭載された「触感型ゲームコントローラ」という物らしいです。

実際、腕を振る・手を握るといった入力を受けると同時に、電気信号や振動によるフィードバックを返せるコントローラーという位置づけみたいです。

内蔵されたモーションセンサと筋変位センサアレイ*により、ユーザの手の動きをVRゲームに入力する。また、装置に内蔵された機能的電気刺激* により、ユーザの手の筋肉を収縮させてユーザに擬似的な触感を与える。

www.youtube.com

実際に触る

参加者はケースの袋を剥がして開封の儀から。袋を破くのは何時もワクワクします。

機能的電気刺激をする所(多分)には最初はシートが貼られているので、それを剥がす系の作業です。曰く、一番面倒くさい作業

ボタンを押して起動。

  本体にArduino studio(だったかな)で命令を送る系のお仕事。
テスト用は出力が超高いらしく、触ったら痛そうなので触るな危険

 Unityとの連携。

 ジェルパットを機能的電気刺激をする所(多分)に付けて腕に装着!
ボタンを操作するとビクンビクンって感じになるので、割とドキドキです。ビリ!チク!ってよりは、腕が勝手に動く。

 

最後のデモは写真撮ってなかったですが、鷲が手に止まり、しかも腕を突っつくなる、中々に凶悪な感じのデモが体験出来ました。手を突かれる度にビクビクアババババ

 

ちなみに聞いた感じ、実際には手に「手前・奥の圧力」を感じれる位のモノらしいです。やっぱりビクンビクンするのは出力高すぎなんじゃないかな。

 

感想

Arduinoが若干面倒臭い感じはありましたが、思ってたよりも簡単にセットアップ出来ました(同席の方が)

ただ、幾つか気になった事があって、

  • 装置を剥がす時にジェルシートが剥がれる(ヘタってきたら大丈夫)
  • 電気信号の初期値が強いのか、鷲が乗ってるというよりは痛い
  • 設定の問題か、手の形を思ってたより認識してくれない
  • Unity 5.4で不具合が出る
  • やってる人のリアクションが面白い(やる側は結構マジ)

この辺りは今後に期待という事で。

 

次回はハッカソンで実際にモノを作るみたいです。

unlimitedhand.connpass.com

関連

qiita.com

ascii.jp