テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

【Unity】Unityでベクターグラフィック(SVG)を利用する

https://github.com/Unity-Technologies/vector-graphics-samples/blob/master/Documentation/vectorgraphics.md

f:id:tsubaki_t1:20180522235702g:plain

UnityのPackageManagerにSVGを利用するライブラリが追加されました。
Unity 2018.1でプレビュー版を使用することが出来ます。

 

 

どんな事が出来るの?

機能については下の動画を見てもらう方良さそうです。
結構色々なことが出来るみたいです

www.youtube.com

使い方

PackagesのManifest.jsonの中身に以下の行を追加します。

そうするとステージングのPackageManagerにアクセス出来るので、あとはVectorGraphicsをImportするだけです。

f:id:tsubaki_t1:20180523000423j:plain

f:id:tsubaki_t1:20180523000237j:plain

 

パッケージのインポート後は、SVG形式のファイルをSpriteとして使用することが出来るようになります。

f:id:tsubaki_t1:20180523000844j:plain

 

ShaderはUnlit/Vectorという新しいシェーダーを使用して表現しているので、シェーダーを差し替える場合には注意が必要そうです。

またTessellation SettingsのTargetResolutionを高く設定することで、ズームしたときにより滑らかに見えます。
SVGなのでズームしてもボケませんが、低解像度向けは少しカクカクします。逆に高解像度向けは非常にハイポリで表現されます)

f:id:tsubaki_t1:20180523001300j:plain


なおUIには現在使えないみたいです。

関連

現状プレビュー機能でちょくちょく変化してます。要望とかはフォーラムで出すと良さそうです。

https://forum.unity.com/threads/vector-graphics-preview-package.529845/

 

マニュアルです

https://github.com/Unity-Technologies/vector-graphics-samples/blob/master/Documentation/vectorgraphics.md

 

チラっと紹介しました

www.slideshare.net