テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

アセット・ファイル管理

【Unity】音をキャプチャーするAudio Recorderと、動画撮影するMovie Recorder

昨日の続きで、調べられなかったMovie RecorderとAudio Recorderについて 固定フレームも録画可能なRecorder 録音するAudio Recorder ムービーを録画するMovie Recorder GBuffer Recorder 関連 固定フレームも録画可能なRecorder Recorderについてはコチラ t…

【Unity】固定フレームも可能、画面を録画出来る Recorder

今回はUnityの画面をキャプチャーして保存するアセットについて Unityの画面を動画としてキャプチャーするRecorder 可変フレームではなく、固定フレームで撮影が可能 使い方 エディターの画面を動画としてキャプチャーする 細かい設定 アルファ抜き Timeline…

【Unity】TextMeshProのMaterial Presetを増やす方法

久しぶりの更新は、TextMeshProのMaterial Presetを増やす方法について。 TextMeshProは文字を表現するのに便利な表現 Material Presetでエフェクトのあるマテリアルを選択 Material PresetはCreate Preset Materialで増やす 関連 雑記 TextMeshProは文字を…

【Unity】Prefabの”モデルの差し替え”を、セットしたコンポーネントを一々付け直さずに行う方法

今回はModelの更新に関するTipsです。 モデルの差し替えのトラブル オブジェクト構造やコンポーネントを維持しつつモデルを差し替え 実際の流れ コンポーネントの参照先は残らない問題 関連 モデルの差し替えのトラブル ゲーム開発を進める時、最初からモデ…

【Unity】ScriptableObjectを使用した、コンポーネント・シーン間でのデータ共有について

今回はScriptableObjectを使用したComponentやScene間でのデータ共有についてです。なお、この記事は30回近く書き直した*1という曰く付きの記事で、場合によっては消えるかもしれません。 ScriptableObject ScriptableObjectはアセットでありインスタンスで…

【Unity】Ctrl + Dで複製したオブジェクトから(1)を無くし、元オブジェクトの下に生成する

昨日のエディタ拡張で調子に乗って作ってみました。 ただ色々確認してる所、Macでは動かないかもしれません。 Ctrl + Dで複製しかし()は無し ファイルの複製(適当) コード 関連 Ctrl + Dで複製しかし()は無し Ctrl + Dでオブジェクトを複製しますが、…

【Unity】AssetBundleに格納したSceneやPrefabがピンクになる問題

AssetBundleにモデルを格納した時、モデルのマテリアルがユニークなシェーダーを使用しているとモデルがピンクになる事があります。 今回はその原因と対策についてです。 モデルがピンクになるという事 AssetBundleに格納したSceneやModelがピンクになる 問…

【Unity】ゲームのビルド直前に "ファイルの退避" や "シーンの最適化" 等の処理を挟む

今回はUnityでゲームをビルドする前にプロジェクトやシーンに何らかの処理を行い、、ビルド完了後に戻す方法についての紹介です。 Unity 5.6以降で動作します。 作る際に便利なものとパフォーマンスに良いもの ビルド前とビルド後に処理を行う(全体) ビル…

【Unity】AnimationControllerのAnyStateを使用してる際、現在のStateへ何度も移動しないようにする

今回は小さなTipsです。 例えば上のように「どれか一つのUI状態を持つ」UIをAnimationControllerで管理し、かつAnyStateから呼び出すように作成した際、Triggerを叩くと何度もUI表示アニメーションが再生されてしまうといった事があります。 AnyStateの先へ…

【Unity】スケルタルアニメーション用のアセット、Anima2Dが無償公開

Anima2Dが、パブリッシャーがUnityTechnologiesになりUnity Anima2Dに名前を変えて無償公開されました。 https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/79840 Anima2Dはスケルタルアニメーション(FateGOやSprineのような物)を実現するアセットの一つ…

【Unity】アセットのUnloadとDestroyについて

今回はアセットのUnloadとDestroyの使い分けと、アセットの運用についてです。 基本的にはアセットの開放はResources.Unloadで可能 Resources.Unloadで開放出来ないケース インスタンス化したアセットの開放はDestroy 大抵の場合はUnloadUnusedAssets 基本的…

【Unity】AssetBundle シミュレーターの作り方について

AssetBundleをメインで使用して開発するのは良いのですが、コンテンツを変更するたびにビルドが必要になるので若干面倒くさい所があります。一応、Unity 5からのビルドパイプラインでは、内包するコンテンツに変化がなければ再ビルドしない設計になっていま…

【Unity】SceneをAssetBundleに格納して実行時にロードする方法について

今回はAssetBundleにSceneを含め、実行時に展開する手法についてメモします。面倒くさいとおもったら、AssetBundle Managerを使うのが良いと思います。 tsubakit1.hateblo.jp AssetBundleにSceneを含める SceneをAssetBundleに含める方法 AssetBundleからSce…

【Unity】アプリに含めるアセットを抑えて、アプリサイズを小さくする

今回は、Unityプロジェクトからアプリケーションをビルドした際、Unityプロジェクトに含まれるアセットについてです。 Assets以下のアセットは全て含まれる訳ではない Resourcesフォルダ以下のアセット Resourcesは使わないサブアセットも全て含める Sprite…

【Unity】ソースコード変更後のコンパイル時間を短く抑える

今回はC#のビルド時間を短くする方法についてです。f C#のコンパイル Pluginsフォルダにあるコードは、事前コンパイルされるのを活用 事前にDLLにコンパイルしたコードを使用する コンポーネントをDLL化すると、参照が外れる DLLの作り方 mdbファイルがあれ…

【Unity】AssetBundleのManifestファイルに書かれている内容について

Unity5でAssetBundleを作成する際Manifestファイルが作成されるようになりました。 今回は、このManifestファイルは何というお話。 ManifestファイルはAssetBundleの構成情報が記述されている 生成したパスと同名のManifestにはAssetBundle同士の依存関係を…

【Unity】AssetBundleからアセットを取得する4つの方法

AssetBundleからアセットを取得する方法について、少し整理します。 AssetBundleからアセットを取得する ファイルパスを指定してAssetBundleからアセットを取得する アセットの中に含まれているアセットを取得する アセットが依存しているアセットを取得する…

【Unity】異なるプロジェクトでAssetbundleを構築する際の注意点

今回は「異なるProjectにてAssetBundleを構築するとどうなるのか」についてです 別のプロジェクトで作ったAssetBundleは読める 複数のプロジェクト間で作成したAssetBundleの依存関係 確認方法 プロジェクト2の作業 プロジェクト1の作業 プロジェクト2と…

【Unity】AssetBundleのVariantでローカライズ

AssetBundleのVariantを使用して、ローカライズ的な事を行うアプローチについてです。今までは少し面倒なバグのせいで紹介するのを避けてきましたが、Unity 5.4bの何処かのバージョンでバグが治ったので、使えるようになりました。 Variantでローカライズ テ…

【Unity】引き伸ばしてもテクスチャが伸びないキューブを作る MasterCube

UnityのCubeを引き伸ばしても、テクスチャが引き伸ばされずにしき詰めてくれるアセットを見かけたので、メモします。 Master Cube Cubeを引き伸ばしてもテクスチャが伸びなくする CubeのUVを面毎に調整する メッシュを結合して単一のメッシュにする 感想 Mas…

【Unity】AnimationControllerがプロジェクトを散らかさない設計についての模索とサンプル

Animatorの運用方法について、5つのアプローチを試しに試作してみました。 サンプルプロジェクト Style1:各ステートマシンにて制御 Style2:ステートマシンのアニメーションを上書き Style3:AnimatorOverrideControllerを「シーンにシリアライズ」 このサ…

【Unity】AssetBundleを利用してアプリサイズを削減するアプローチ

AssetBundleにてリソースを圧縮し、アプリサイズを削減するアプローチについてです。うまく行けばアプリのサイズが非常に小さくなります。 で、このアプローチは実際どうなんでしょう。確認してみました。 Resourcesに格納したアセット AssetBundleに格納す…

【Unity】AssetBundleのVariantsでロードするアセットを差し替える

今回はAssetBundleのVariantsで、リソースを差し替えてみます。 シーン/プレハブが参照するアセットを差し替えるVariants Variantsを使用してみる 実際にVariantsを使用してみる プレハブの作成 Variantの設定 AssetBundleを読み込む 注意点 AssetBundleMana…

【Unity】Unityエディタがクラッシュした際に失われた情報を復旧させる裏技(5.3以降)

以前紹介した「Unityエディタのクラッシュ時に失われたシーン情報を復旧させる裏ワザ」が、5.3で使えなくなっていたので、新しい方法についてです。 上手く使えば、Unityエディタがクラッシュや無限ループして編集中のシーン情報を飛ばした場合でも、過去の…

【Unity】AssetBundle Managerが思ってたより凄く便利

AssetBundle関連を使用する上で便利な上位層APIとして、AssetBundle ManagerがAssetStoreで公開されています。これが思ってたより便利だったので、改めて紹介します。 AssetBundleを簡単に使う為のAsset Bundle Manager AssetBundleを構築する ローカルサー…

【Unity】ファイルサイズとメモリ消費を無意味に増やさない為の、AssetBundleと依存関係についてのメモ

今回はAssetBundleとAssetBundleの依存関係についてです。これについては、AssetBundleを使うなら最低限知っといた方が良いかもしれません。 AssetBundleとアセットの依存関係 複数のAssetBundleから特定のアセットを参照する場合 リソースは別のAssetBundle…

【Unity】Unityエディタで変更したプレハブを更新「しない」方法

UnityエディタはPrefab・ScriptableObjectといったアセット、Animationの制御等、いくつかの*1情報をUnity側が保持するフォーマットによって管理します。 これらの情報は「シーンの保存」や「Editor>Save Project」、「エディタの終了」等いくつかの要因で実…

【Unity】ゲーム内で何がどの程度メモリを消費しているのか確認する MemoryProfiler

ゲーム内で使用してるメモリを把握するのに少しだけ便利なMemory Profilerについてです。 ゲーム内で使用しているメモリ 導入方法 使い方 ゲーム上のメモリを取得する アセットの追跡 追記(テクスチャの中身を知りたい場合) 関連 ゲーム内で使用しているメ…

【Unity】5.3以降AssetBundleの各種圧縮形式のパフォーマンス比較

Unity5.3になりAssetBundleが変わりました。で、AssetBundleのパフォーマンスについても大分変化したので、そこについて検証してみようと思います。 AssetBundleの新しい設定LZ4 検証方法について 結果。無圧縮でかい、LZMA遅い、LZ4はその間 キャッシュとLZ…

【Unity】SpritePackerとResourcesについて

昨日はSpritepackerとAssetBundleについて書きましたが、今日はSpritePackerとResourcesについて書こうと思います。 tsubakit1.hateblo.jp SpritePackerとResourcesについて ResourcesからSpritepackerのテクスチャアトラスを使う 関連 SpritePackerとResour…