テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

【Unity】UnityとAndroidアプリの64bit対応

Android 64bit対応が本格化してきたので、少しまとめてみます。

Android 64bit対応

Androidの64bit対応バイナリを使用していないネイティブアプリはGoogle Playでリリース出来なくなるみたいです。 それについてのロードマップがAndroid Developers Blogにて公開されました。

Android Developers Blog: Get your apps ready for the 64-bit requirement

このアナウンス自体は結構昔(2017年末くらい)のタイミングで既に行われており、改めてアナウンスが行われたという感じです。

f:id:tsubaki_t1:20190118000529j:plain
Get your apps ready for the 64-bit requirement より引用

2019年8月から64bit対応してない新規アプリの公開が出来なくなる。更新は可

2019年の8月より、新規アプリの公開及び更新が不可になります。

ただしUnityを使用しているアプリは特例として、更新のみ可能です。正確に言えば、5.6以前のUnityです。

Extension: Google Play will continue to accept 32-bit only updates to existing games that use Unity 5.6 or older until August 2021.

Android Developers Blog: Get your apps ready for the 64-bit requirementにて

ここで「Unity 5.6以前」としているのは、Unity 2017から64bit対応しているからと認識しているからと思われます。

また条件は「Unity5.6以前(Unity 5.6 or older)」なので、Unity 5.4とかでも更新は可能と思われます。

2021年8月から64bit対応してないアプリを排除。Unityも含む

2021年の8月から、いよいよGoogle Playは64bit対応していないアプリを排除します。これはUnityでも同様です。

そのタイミングまでにはAndroid 64bit対応は完了しておく必要があります

Android 64bit対応済のUnityバージョン

Android 64bit対応は、以下のバージョンから行われます。なので、基本的にバージョンが古い場合は上げる必要があります。

  • Unity 2018.1 Experimentalとしてサポート
  • Unity 2018.2 正式サポート
  • Unity 2017.4.16f1

またIL2CPPを使用する必要があったり、ネイティブプラグインを使用しているなら64bit向けにビルドする必要があります。 そのあたりの情報は下の記事が分かりやすいです。

qiita.com

なお、LTSによるサポート対応はLTSリリースから2年です。Unity 2017.4f1リリース日が2018年4月辺りなので、そこから2年…つまり2020年4月までという点は一応覚えておく必要がありそうです。

Unity の新しいリリースプラン:TECH ストリームと長期サポート(LTS)ストリームの導入 – Unity Blog

関連

今回のアナウンスについて

forest.watch.impress.co.jp

android-developers.googleblog.com

意外と知られてない印象がある、アップグレードガイド

docs.unity3d.com