テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

【Unity】知らないと苦労するかもしれない、Timelineと座標の話

f:id:tsubaki_t1:20180514224133g:plain

 

 

Timelineの座標系の話

今回はTimelineで知らないと多分死ぬ思いをする、Timelineの座標系の話です。
この部分を気にせず使用すると、「Timeline再生時にキャラクターが変な所に出現する」「Timeline操作を止めるとキャラクターの位置がおかしい」といった事が発生するかもしれません。 

 

AnimationControllerがAnimatorにセットされていれば現在位置から移動、無ければ絶対座標からアニメーションを開始する

Timelineで知っておくべき最初の事は、Timelineの移動モードはAnimationControllerの有無で変わるという点です。
TimelineのAnimationTrackから操作するキャラクターにAnimationControllerがセットされている場合には、キャラクターはTimelineを再生開始した位置から移動を始めます
逆にAnimationControllerが無い場合は、Timeline上で指定した位置を移動します

f:id:tsubaki_t1:20180514232541j:plain

例えば下のアニメです。

ユーコにはAnimationControllerがセットされず、逆にユニティちゃんにはAnimationControllerをセットしました。

Timelineで指定した動きは、ユーコの移動するパス(つまりオレンジから青に移動し、90度回転する)です。
ユーコはAnimationControllerがセットされていないため、どの座標に居たとしてもTimeline開始時には開始点であるオレンジに戻ります
一方ユニティちゃんはAnimationControllerがセットされている為、現在位置から移動を開始します

f:id:tsubaki_t1:20180514230903g:plain

 

ApplyTrackOffsetはAnimationControllerの有無で用途が異なる

今ひとつ用途のわからないApplyTrackOffsets。

AnimationTrackの説明文には以下のように書かれています。

Apply Track Offsets を有効にすると、選択したアニメーショントラック上のすべてのアニメーションクリップに同じ位置と回転のオフセットを適用できます。トラックオフセットの適用には シーンビューでギズモを使用して位置と回転のオフセットを設定する方法と、正確な位置と回転のトラックオフセットを指定する 2 つの方法があります。

f:id:tsubaki_t1:20180515013210j:plain

ではコレが何の役に立つのかというと、AnimationControllerの有無により動作が異なり、それにより用途が異なります。

 

まずAnimationControllerが無い場合…座標を調整したり同じ動きを行うキャラクターを量産する用途に使えます。
例えば下のように、同じようにダッシュするが位置が微妙に違う…みたいな場合には、トラック毎にApplyTrackOffsetの位置を少しずつズラせば、複数体を配置出来ます。

f:id:tsubaki_t1:20180514233153g:plain

ではAnimationControllerがセットされている対象を動かす場合は?
この場合はゲーム再生時にApplyTrackOffsetが無視されます

AnimationControllerがセットされている対象のApplyTrackOffsetは、キャラクターのアニメーション開始位置を調整した状態でのプレビューに役立ちます。
上に書いたとおりAnimationControllerはTimeline開始時から移動であるため、ステージの何処かで呼ばれる事になります。その時に、実際に動かしてみて確認ではなく、キャラクターの開始点をOffsetで動かしてプレビューする事が出来る訳です。

f:id:tsubaki_t1:20180514234637g:plain

なおRecorded OffsetやClipRootMotoinOffsetは微妙に似ている機能ですが、こちらはAnimationClipの開始点を0にするための設定です。こちらもAnimationControllerがある場合は無視されます。

 

AnimationControllerがセットされている場合、移動にはApplyRootMotoinが必要

Timelineでキャラクターをアニメーションしながら動かす等をする訳ですが、AnimationControllerの有無により動かし方が異なるみたいです。

 

AnimationControllerがセットされているキャラクターは、ApplyRootMotoinにチェックを入れていない場合、キャラクターはその場でバタ足をします。

逆にAnimationControllerが無い場合にはApplyRootMotionにチェックを入れなくとも動くみたいです。

f:id:tsubaki_t1:20180515002352g:plain

ApplyRootMotoinを使用してないがAnimationControllerを使用している(多分95%の)人々は、親のオブジェクトに乗せて動かすとか、Tween系のTrackを用意して動かすとかでも良いかもです。
Tween系のTrackはDefaultPlayablesに参考になるものが入ってます。

tsubakit1.hateblo.jp

Timelineを編集後、キャラの位置がズレるのはPreview中にキャラの位置を編集しているため

Timelineを使用していてよくあるのは、Timeline編集後にキャラクターが変な位置に移動する…というものです。これはTimelineのPreview中に編集していたりするとよく起こります。

TimelineのAnimationでの移動や座標指定は、TransformコンポーネントではなくAnimationで指定するかApplyTrackOffsetによるものです。そのためGizmoで何時ものように動かすと、再生時に変な所に移動したり、Preview停止時に全て元に戻ったりします。特に親子関係の構築は絶対に止めましょう。

 

その他Timelineで「何か設定が反映されてない」とか「プレビューが予想と違う」みたいな場合には、Previewボタンを押して一旦TimelineのON/OFFを切り替えると、大抵治ります。(TimelineのGraph生成(Preview)時に色々集めたり設定を揃えてる事が多いのでこうなる)

f:id:tsubaki_t1:20180515002835j:plain

 

それがAnimationControllerが無い場合はプレビュー後にキャラがどこか変な所に飛んでいくだけですが、AnimationControllerを持つキャラクターの場合は、何処か飛んでいった先から移動を開始するので、これは注意が必要です。
逆を言えば、プレビュー中でも特定の位置に動かせるって事でもありますが、それを嬉しいかと言えば、うーん

f:id:tsubaki_t1:20180515111013g:plain

 

要するに

AnimationControllerがあればゲームキャラクターのイベント用

AnimationControllerが無ければカットシーン用

 困ったことがアレばPreview連打

 

宣伝

Timeline使ったこと無い人向けに実況やります。

軽めで雑談しながら色々とやったりします(主にntny氏が)

 

関連

TImelineで物理演算の動きを再現するの面倒だよねという話

tsubakit1.hateblo.jp

ExposedProprtyTableは大体Preview時に色々と集めるので。

tsubakit1.hateblo.jp

座標系を理解してないと、妙な挙動になる代表

tsubakit1.hateblo.jpRootMotoinの無いキャラクターを動かすには

tsubakit1.hateblo.jp