読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

【Unity】AssetStoreのComplete Packageのパッケージで、プロジェクトの設定を上書きしない

Unity アセット・ファイル管理 アセット紹介、AssetStore

プロジェクト設定とComplete Package

AssetStoreのComplete PackageやUnity Essentialsカテゴリから提供されているアセットは、Unityのプロジェクト設定を上書きしたりします。

一応、この手の挙動を行う場合はインポート時に警告を出してくれます。

f:id:tsubaki_t1:20160214005303j:plain

この項目で上書きされる設定は、例えばゲームに含めるシーンを設定するBuild Settingsや、入力についての設定が含まれるInput Settings、ゲーム設定のPlayer Settingsやタグ設定等々です。

要するにゲームを構築する上で変更したプロジェクト設定(Edit>Project Settingsにある内容)が上書きされます。

f:id:tsubaki_t1:20160214004259j:plain

しかし、このComplete ProjectやUnity Essentialsを改造して使用する場合は兎も角、単純にアセットが欲しいといったケースの場合、この「プロジェクトの設定が上書きされる」挙動は悩ましい事があります。

なので、単純にモデルやアセットを取り出す目的でプロジェクト設定を上書きしない方法についてです。

インポート時にプロジェクト設定を上書きしない

プロジェクト設定を上書きしない方法は簡単です。
アセットのインポート時にProjectSettingsの項目からチェックを外し、インポートしないように設定すればOKです。

f:id:tsubaki_t1:20160214004554j:plain

但し、スクリプトやプレハブを使用する場合、プロジェクトの設定がちゃんとしていないと動作しないデモも存在しますので、その辺りは注意が必要です。
例えば上のTanks!デモは、2Pプレイ前提の関係上キー入力が設定されてないと動作しません。

この対策としては、GitやSVN・何か他のバージョン管理が出来るアプリケーションを導入して、インポート後とインポート前を比較・マージするのが良いんじゃないかなと。

関連

naichilab.blogspot.jp

tsubakit1.hateblo.jp