読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Unityのパーティクルエディタ

Unity4のパーティクルエンジンとして、3.5辺りから搭載されているShurikenがあります。

これは基本的にInspectorを使用して各エミッター毎に調整する形となりますが、一覧表示出来る専用エディタが用意されています。

 

f:id:tsubaki_t1:20140921232626p:plain

 

このパーティクルエディタウィンドウでは、各パーティクルエミッター(パーティクルを出力する項目)の一覧を表示し調整出来るようになっています。

 

ShowをAllからSelectedに変更する事で、特定のエミッターの動作を確認することが可能となります。

個別に再生するには、一旦左上のStopボタンを押してからにしないと、他のパーティクルの再生結果が残ってしまいます。

f:id:tsubaki_t1:20140921233315p:plain

 

このウィンドウを出すには、ParticleSystemコンポーネントのOpenEditorボタンをクリックします。その状態で、ParticleSystemコンポーネントを持つオブジェクトを選択すると、パーティクル一覧が表示されます。

f:id:tsubaki_t1:20140921233329p:plain

 

なお、このエディタ画面はパーティクルの追加は出来るけど削除が出来なかったり、Selectedモードで再生するパーティクルを選ぶのがInspectorから行わなければいけない等、微妙に癖があります。

 

関連記事


パーティクルシステムで必要な項目だけ表示する - テラシュールブログ