読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

面倒なスクロールビュー作成が簡単になってた

NGUI 3.0.6でスクロールビューの作り方が変わり、凄く作りやすくなっていた。

現在の作り方の手順は、こんな感じ。

  1. NGUI->Create->2DUIで2DUIを作成する。(既にあるなら不要)
  2. NGUI->Create->ScrollViewでscrollviewを作成、AddComponentでScrollViewコンポーネントを追加する。(※1)
  3. NGUI->Create->SpriteでSpriteを作成し、2で作成したScrollViewの下に配置する。
  4. 3で作成したSpriteにUIDragScrollViewコンポーネントを追加し、NGUI->Attach->Colliderで判定を追加する。(※2)
  5. 4で作ったSpriteを大量に配置する。(※3)
※1: ScrollViewコンポーネントのMovementを、縦方向のスクロールならVertical、横方向ならHorizontialに設定する。
※2:普通にBoxColliderを追加した場合、スプライトと同じ大きさにしてくれない
※3:並べたい場合は、スクロールビューにGridを追加し、executeでスプライトを並べる。実際にランタイムで動かす場合は、全部配置後にExecuteするのが楽。

表示範囲はスクロールビューのUIPanelで設定する。また、高さや幅は通常だと画面比率に影響しないが、UIPanelのAnchorをUnifiedに設定することで一定距離を保ち伸縮出来る。

スクリーンショット 2013-12-21 15.37.47

こりゃ楽だ