読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Unityでカラーパレットを使う

UIやゲームを構築する際、色調は非常に重要です。この色調ですが、毎回毎回パレットを感覚で調整するのも中々に大変なので(とうか無理なので)、カラーパレットとして利用する色のパターンを登録してしまう方法を紹介します。

f:id:tsubaki_t1:20150108002459g:plain

まず調整用の色調ですがカラーパレット持ってる人は自分の、持ってない人は既存のいい感じの奴を使います。世の中にはスペースキーを押すと良い感じに色を作ってくれる素晴らしいサービスがあるのです。


Coolors - The super fast color palettes generator!

適当にスペースキーを押して色を決定したら、Unityのカラーパレットに色を登録します。

f:id:tsubaki_t1:20150108000703p:plain

 

まず色の指定ができるコンポーネントを開きます。例えばCameraやImage等々。

次に、色を保存する先を決定します。保存先はCreate New Libraryで決定します。ここではProjectに保存するか、Unityエディタが持つかを決定します。

f:id:tsubaki_t1:20150108002010p:plain

f:id:tsubaki_t1:20150108002051p:plain

準備が出来たら色をスポイトで取得します。その後、カラーパレット下の色ボタンをクリックして色を登録します。

f:id:tsubaki_t1:20150108002832p:plain

f:id:tsubaki_t1:20150108002843p:plain

f:id:tsubaki_t1:20150108002854p:plain

f:id:tsubaki_t1:20150108002923g:plain

ちなみに、Projectにカラーを保存した場合、Editor/色名 で登録されます。当然ココを増やせば色のパターンを増やすことができるので、カラーパレットを共有したり少しパターンの違う色を作りたい場合は、ここのScriptableObjectを量産すればOKです。

f:id:tsubaki_t1:20150108003031p:plain

とりあえず、「自分のゲームに使うならコレ」といった背景色を見つけて、それにUIを統一すると案外よい感じに作れます。