テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

【Unity】Inspectorに数式を書く

f:id:tsubaki_t1:20151205211746j:plain

数式の入力

Unityの何時だったか、Inspectorで式を書くと答が入力出来るようになりました。
数値を入力する項目であれば、式を記述すれば回答が入力されます。

f:id:tsubaki_t1:20151205212150j:plain

f:id:tsubaki_t1:20151205212201j:plain

当然、括弧の演算も使用することが出来ます。例えば、上の式は10/2*5=25でしたが、これを10/(2*5)とすれば、答えは1となります。

f:id:tsubaki_t1:20151205212240j:plain

f:id:tsubaki_t1:20151205212247j:plain

変数は無い

この使い方を見て思いつくのがExcelのような変数を用いて演算する使い方ですが、残念ながらそういった使い方を行うことは出来ません。

それ以前に、入力が完了した瞬間に数式は失われ、数値のみの情報となります
計算式が必要な物はコードを書けば良い話ではありますが、ちょっと期待してただけに残念。

数式を使える入力項目

どんな項目に対して「数式」が使えるかですが、数字を入力する項目であればほぼ使えます。

例えばパーティクルのカーブエディタ、EditKeyでキーが数値入力出来るようになるので、そこに数式を入力すれば計算が行われます。

f:id:tsubaki_t1:20151205212640j:plain

勿論Animationにも使用することが出来ます。

またテキストに入力した数式をコピペも出来ますが、このような手法で作る数式はほぼExcelで作ってると思うので、なら数値を直接コピペれよって話になるかもしれません。変数あればもう少し違う話になりましたが…

f:id:tsubaki_t1:20151205212823j:plain

文字列の結合は

f:id:tsubaki_t1:20151205213439j:plain
御覧のあり様だよ。
特に結合とかせず、数式が文字列として残ります。

文字列は所詮、文字列だったということか・・・
(出来ても困るけど)