読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Unity上でHTML/CSS/JavaScriptを再現、HuG

アセット紹介、AssetStore Unity

HuGなる、恐ろしいアセットが来た。

機能は一言で言えば「Unity内でHTML/Javascript/CSSを再現」するといった物。

ネイティブプラグインに頼らず、解析済みのデータを渡す訳でもなく、画像をキャプチャーして貼り付ける訳でもなく、Unity上で文法を解析して再現するらしい。

恐ろしいことにHTMLのJavaScriptも実行でき、UnityWebPlayerでも動作するといったぶっ飛びっぷり。
上手く使えば、UIはHTML・キャラクターに3Dモデルといった使い方も出来そうだ。

スクリーンショット 2013-08-21 0.02.13

スクリーンショット 2013-08-21 0.20.16
何故か付属していたオスプレイをビューの前に配置。

HuG公式サイト
http://www.programanic.com/
AssetStore
https://www.assetstore.unity3d.com/#/content/10336

ちなみに他のアプローチとして、Webをテクスチャとして表示するアプローチもあるらしい。

Unity で Web をテクスチャとして表示して操作する方法について調べてみた(凹みTips)
http://d.hatena.ne.jp/hecomi/20130818/1376844813

マニュアル

機能についてはFacebookに上がっている説明文をそのまま拝借すると、以下の事が出来るらしい。

・HTMLだからサクサクとメニューが出来る

・イタリック、ボールド、シャドー、アウトライン、
 下線、打消し線とブラウザ同様の文字飾りを用意

・サイズが異なる文字やイメージとの混在が可能なので表現の幅が広がる

HTML中のJavascriptも実行でき、Unityともシームレスで様々な応用ができる
 (例えばリスタートの記述は・・・ <a onclick="Application.LoadLeve(0)">リスタート</a> )

ネット上のファイルの読み込みOK
 フォームもサポートありなので、サーバ通信が簡単に実装可

なんちゅーもん作ったんや・・・