読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

【Unity】ログが表示するスタックトレースの表示範囲を制限する

Unity デバッグ 最適化・デバッグ

f:id:tsubaki_t1:20160328225938j:plain

ログを表示する上で、スタックトレースはバグを追跡する重要な情報です。ですが、場合によっては別に表示しなくても良いケースもあります。

Unity 5.4からその辺りが調整出来るようになったみたいです。

スタックトレースの表示範囲を調整する

スタックトレースを調整するには、Edit>ProjectSettings>PlayerのLogingの項目で調整します。

設定できる項目はError・Assert・Warning・Log・Exceptionの5種類で、Noneに設定すればスタックトレースを非表示Fullに設定すればエンジン内のも含めてスタックトレースが表示されます。

f:id:tsubaki_t1:20160328230129j:plain

Noneの場合

何も表示されません。

f:id:tsubaki_t1:20160328230714j:plain

ScriptOnlyの場合

C#スクリプトがアクセスできる範囲のスタックトレースが表示されます。

f:id:tsubaki_t1:20160328230754j:plain

Fullの場合

WinMainから始まり、色々とスタックトレースが見れます。

f:id:tsubaki_t1:20160328225938j:plain

(おまけ)ログを表示したくない場合

Debug.logger.logEnabled = false;の一文で表示をOFFに出来ます。

関連

tsubakit1.hateblo.jp

tsubakit1.hateblo.jp

baba-s.hatenablog.com

qiita.com