読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

【Unity】テキストをぴょんぴょんさせたりフェードしながら表示する、Typeface Animator

f:id:tsubaki_t1:20160322230912g:plain

文字を表示する際、テキストを一括で表示させるのではなく、アニメーションさせながら・フェードしながら表現したいといった希望がある事があります。

今回はその辺りをやってくれるアセットの紹介です。*1

Typeface Animator とは

f:id:tsubaki_t1:20160322233111j:plain

Typeface Animator

Typeface Animatorは、文字をアニメーションさせながら表示させるアセットです。下のようにuGUIのテキストを動かしながら表示する事が出来るみたいです。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/56297224/temp/Animation%20129.gif

 

uGUIを使用しているので、レイアウト調整やマスクといったuGUIの機能をそのままに、文字の表示時にエフェクトを加えられるのが特徴です。

また、文字に対して一括でエフェクトを加えるのではなく、順番にエフェクトが加えられるのは、アセット作者の拘りポイントとなっていそうです。

割と簡単に使える

TextコンポーネントをアタッチしたオブジェクトにTypeface aniamtorコンポーネントを追加し、後は動きを指定するだけの簡単運用です。

 

設定できる項目は大きく分けて6つ

  1. SpeedもしくはTimeを指定
  2. Position(文字の位置)
  3. Rotation(文字の回転)
  4. Scale(文字のサイズ)
  5. Alpha(文字の透明度)
  6. Color(文字の色)等

この項目毎に開始前(From)・開始後(To)を指定し、その比率をAnimation Curveで指定し、ブレンドを行う感じみたいです。AnimationCurveが上に行けばTo、下に行けばFromの位置に戻る感じです。

f:id:tsubaki_t1:20160322231846j:plain

Separationを指定の値により「テキスト全体に対してアニメーションを行うか、一部の文字に対してアニメーションを行うか」といった内容が指定出来るみたいです。

 

例えば下のように「文字を大きくしながら表示したい」場合、Scale(拡大)の項目を使用し、起動時0はサイズ0倍から最終的には1倍になるようにFromとToを設定、AnimationCurveは時間毎に0から1に近づくように設定し、Separationを高めに設定しておけば、綺麗に「文字を大きくしながら表示」出来ます。

f:id:tsubaki_t1:20160322232951g:plain

説明では分かりにくい所がありますが、実際設定すべき項目は少なく直観的なので、少し動かせば理解出来ると思います。

 

www.youtube.com

値段も5ドルと、機能のわりに結構安いのでお勧めです。

関連

uGUIのTextをアニメーションさせる「Typeface Animator」 - 3710のUnityとかの話

Unity uGUIのTextをα値で1文字ずつ表示 - Qiita

Unityで使うフォント(Font)を手っ取り早く多彩に変更する方法! - Unity不定期便

*1:あぁ^~文字がぴょんぴょんするんじゃぁ^~