読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

スタンダードシェーダー楽しい

3D Unity Shader 試作

Unity5に物理ベースレンダリング(通称PBL)の機能が追加されます。

その辺りはStandard Shaderで設定出来るようになっています。


Unity - The Standard Shader

 

Unite2014: Mastering Physically Based Shading in Unity 5

で、色々と遊んでます。

まずUnity4で作った絵。SSAOだけ付けた状態です。テクスチャの解像度が高いので結構良い感じに出ます。シェーダーはスペキュラー。

f:id:tsubaki_t1:20150118005155p:plain

 

Unity5に突っ込んで適当にテカテカさせます。本当は実際のパラメータ持ってきて綺麗にするのが正しい使い方だと思いますが…

どちらかと言えばスタンダードシェーダー使うと付いてくるIBLパワー

・・・我ながら技術に踊らされてる感ハンパないですね。

とは言え、ライトマップ焼いたり色々しないといけなかったUnity 4と比べてとりあえず置いたらコレになったので、中々良い感じ。

f:id:tsubaki_t1:20150118005259p:plain

 

で、BloomとSSAOのイメージエフェクト付けたり。

この辺りの調整はセンスが要りますね。自分は要練習。

f:id:tsubaki_t1:20150118005632p:plain

 

今回のモデルはコレ。

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/7477

 

関連


Unityのゲーム画面を綺麗にするライティング - テラシュールブログ