読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Suddendeathon(即死ゲームを作るハッカソン)に参加してきた。

Unity

先日、「即死ゲームを作るハッカソン」に参加してきた。

Suddendeathonした

このイベントの趣旨は名の通り「プレイヤーが即死する事」を作るハッカソンだ。ルールはそれだけで、何を使っても良い。ただし、ハッカソンなので時間が超短く、説明時間を入れて合計6時間くらいしかない。

で、作ったゲームはコレ。

ルールは簡単で、「!!!!!!」の文字が出た瞬間に先にCommandキーを押したほうが勝ち。

ただし、単純な反射神経ゲーにならないように「!!11!!!」とか「wait!!」・「??????」等々の文字をフェイントとして表示したり、「!!!!!!」が出る時の音だけを出したり、雷という形で画面を点滅させたり、音楽を怖い感じの曲で集中力を削いだりしてる。


作業日記

12時

到着、他のメンバーが居ないので適当にダベる。
作るものを固める。
当時のアイディアは「一撃必殺の格ゲー」か「一撃必殺のスマブラ
それと「死んじゃうツモ」。時間があればマリオだったが。


1時

メンバーが揃い始める。
いつも使ってるアセットを投入。それと背景用モデル等を組み込んで世界観を作る。最近気づいた事だが、割と早いタイミングで仮でも良いので背景・素材を入れるのは非常に良いプラクティス。
絵的にショボくなる事が分かったので背景に「ざわ・・・」のパーティクルを投入。ついでに雨を投入。漫画風シェーダー入れようと思ったけど、面倒なので止めた。


2時:

「先に殴ったほうが勝つ」部分を作る。
一応「同一フレーム中に殴ったら引き分け」も作る(動作確認はできなかった)。キャラクターの移動は殆どAnimationで作成してAnimatorで制御。爆発は仮面ライダーカブトがライダーキックを当てたイメージで探した。倒した後に数秒待つのもコレが理由(3秒くらい苦しむ)。
この辺りで昼飯。


3時:

音楽を探したが、最終的にホラー系に決定(雨の音もあったし)。イメージとしては、エンジン音みたいに盛り上がるのも良かったのだが、誤爆率から定期的に不協和音を出してくれるヤツのほうが面白い気がした。
この辺りでライトマップを焼こうとしたり、カメラを動かせないか試行錯誤。
それとフェイントや音を組み込む。登録・通知方式のメッセージングなので、こういったコンポーネントを追加・削除する作り方はすごく楽。


4時:

UIを作り始める。
基本的なUIは3DTextででっち上げた物を使用。フォントが綺麗なら意外となんとかなる。決着時からリトライへのインターフェース遷移でいじくり回してたら時間が過ぎてしまった。割と満足行く出来だけど、gifだと早すぎてわからない感。


5時:

キャラクターを増やしたり、効果音・フェイントのパターンを増やす。
周回プレイ可能にしたり、画面遷移のエフェクトを追加したりした。Manager/Controller/Componentで作ってるからリセットが楽。タイトル作ろうと思ったけど間に合わなかった。


6時:

試遊会


時間が短かったので厳しかったけど、何とか形になった。

ゲームジャムも良いけど、こういった軽い奴でも面白い。
次もあったらまたお邪魔したいなあ。