読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Unityゲーム起動時の解像度設定ダイアログをスキップする

Unity 画面効果 エディタ拡張・エディタ機能

Standalone向けUnity製ゲームが起動した際に表示される解像度設定ダイアログをスキップする方法について紹介します。

f:id:tsubaki_t1:20141225001835p:plain

ディスプレイ解像度指定のスキップ

解像度指定をスキップするには、以下の設定を行います。

  1. PlayerSettings(Edit>ProjectSettings>Player)を開く
  2. Standalone向け設定を選択
  3. StandalonePlayerOptionsDisplayResolutionDialogDisableに設定する

これで起動時に解像度を指定するウィンドウが表示されなくなります。

f:id:tsubaki_t1:20141225002336p:plain

解像度の設定

標準の解像度を指定するには、同じくPlayerSettings>ResolutionAndPresentationDefault Is Native Resolutionのチェックを外し、指定したい解像度を入力します。

起動時にフルスクリーンにしたくない場合は、Default Is Full Screenのチェックを外します。

f:id:tsubaki_t1:20141225002652p:plain

注意すべき点として、この設定は「アプリが最後に持っていた設定を維持」します。つまり、終了時にフルスクリーンだったアプリは次回起動時にフルスクリーンとなりますし、起動時にウィンドウだったアプリは起動時にウィンドウモードで起動します。

スクリプトで解像度の指定やフルスクリーン切り替え

フルスクリーンモードを切り替えるには、Screen.fullScreenを使用します。例えばスクリーンモードをスイッチする場合は以下の様なコードで行います。

Screen.fullScreen = !Screen.fullScreen;

解像度を変更する場合は、Screen.SetResolutionを使用します。例えば解像度を800x600にするには以下のとおり。

Screen.SetResolution(800, 600, Screen.fullScreen);

 注意点として、エディタ上はこの機能は動きません。

関連

解像度を下げてパフォーマンスを得る - テラシュールブログ

自作のコンフィグ画面に必要なもの | Unity | Obake Solutions