読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

実はAnimatorは親の階層でも行ける

Unity 3D MMD・モデルの扱い・モデリング エディタ拡張・エディタ機能 アセット・ファイル管理

意外と知られていないことですが、Unityのアニメーション管理システムのAnimatorは、モデルの上の階層に配置しても使うことが出来ます。

 

f:id:tsubaki_t1:20141115005949p:plain

大抵はAniamtorはモデルのRootに配置されています。

 

例えばユニティちゃんCRSをインポートし、親オブジェクトにAnimatorを移植した状態でも、子オブジェクトのユニティちゃんはモーションを開始します。下のようにCandyRockStarにAnimatorが無くとも、親オブジェクトにAnimatorがありAvatarが一致していれば動くという訳です。

f:id:tsubaki_t1:20141115004637p:plain

 

上手く使えば、モデルを差し替える際に割と楽に出来るかもしれません。

階層的にはこれくらい離れててもOK

f:id:tsubaki_t1:20141115005544p:plain

 

Avaterを差し替えれば、他のモデルの対応も可

f:id:tsubaki_t1:20141115005736p:plain