読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

AssetStoreの2D素材

今回はAssetStoreに2D素材についてです。

知らないのか使い方が分からないのかは判断出来ませんが、活用せず適当なGUIを使用している人が結構居る気がするので、今回はそのアセットの探し方について紹介します。


 「それなりのゲーム」に見える指標の一つに間違いなく「GUI」があるので*1、この項目はAssetStoreなりフリー素材なりを使ってしっかり作った方が良いです。

 

GUI系素材

 

AssetStoreのGUI系素材は、「テクスチャ&マテリアル」カテゴリの「GUIスキン」や「アイコン&UI」から見つける事ができます。

 

GUI系は(大抵NGUIを前提としてますが)UIの組み方サンプルもあるので、組み方を覚えようと思った人にも役に立つ場合があると思います。

 

f:id:tsubaki_t1:20140916011940p:plain

f:id:tsubaki_t1:20140916012411p:plain

f:id:tsubaki_t1:20140916012857p:plain

また、フォントも「テクスチャ&マテリアル」の「フォント」から見つけることが出来ます。大体英語のみとなりますが、割とクールな物が多いので、ちょっとオススメです。

f:id:tsubaki_t1:20140916015509p:plain

f:id:tsubaki_t1:20140916015438p:plain

 

その他

最近増え始めた2D系は結構癖が強いので少し難しい所がありますが、少し揃い始めています。

 

2D系素材は、同じく「テクスチャ&マテリアル」カテゴリの」「2Dキャラクター」や「2Dタイルマップ」から見つけることが出来ます。

 

特に2Dアクションゲームを作ろうと思うなら2D dev spriteはオススメ出来る一品です。

 

f:id:tsubaki_t1:20140916013431p:plain

f:id:tsubaki_t1:20140916013543p:plain

f:id:tsubaki_t1:20140916013903p:plain

 

それ以外にも、完成プロジェクトに素材…というか、まあ色々込みで置いてあったりします。

f:id:tsubaki_t1:20140916014726p:plain

 

ちなみに、販売されているGUIは大抵解像度が過剰なので*2Textureのsize設定で少し小さくしたり、Photoshopで小さくする事をオススメします。

*1:逆にGUIさえしっかりしてるとマトモなゲームに見えやすい

*2:アイコンに512x512とか使っていることがある。改変可能な事を考えると当然といえば当然ですが…