読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Image Effectの実行順番

UnityのPro版では、Image Effect(Post Effect)と呼ばれるフルスクリーンエフェクトを設定することが出来ます。このエフェクトは、例えば画面の一部を光らせたり、歪ませたり、独特な演出をゲームに追加したりする事ができます。

 

ImageEffectはPhotoshopのエフェクトのような後付演出が可能なので、「自分の作りたい絵を作る」には非常に強力な手段となります。

f:id:tsubaki_t1:20140902234016j:plainf:id:tsubaki_t1:20140902234022j:plain

 

さて、

上記のエフェクトは現在2種類のエフェクトを使用しています。即ち「なんか絵画っぽくするエフェクト」と「明るい所を光らせるエフェクト」です。

 

f:id:tsubaki_t1:20140902234954j:plain f:id:tsubaki_t1:20140902235008j:plain

 

ここで重要になってくるのが、エフェクトを掛ける順番です。どちらも「色」で処理を行っているため、この適応順番により結果が違ってきます。

 

上は光が滲んだ結果を絵画っぽくしたもの、下は絵画っぽくした物の輝度が高い部分を滲ませたものです。 結果が違っている事が分かります。

 

f:id:tsubaki_t1:20140902235149j:plain 

f:id:tsubaki_t1:20140902235205j:plain

 

この順番を設定する方法ですが、カメラにアタッチしたコンポーネントの上から順みたいです。つまり、上にある方が先に実行され、下にある方が後から実行されます。

 

順番を変える必要がある場合、MoveUp/MoveDown等で順番を変更するのが良さそうです。

f:id:tsubaki_t1:20140902235616j:plain