読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

ハコスコとARの臨場感が凄い

AR VR

ハコスコとは、ダンボールでOculus Riftのフレーム部分を作った物だ。物がダンボール故に非常に安価(1000円)で購入できてしかも軽い。

Oculus Riftで言うと事のディスプレイ画面はスマートフォンで代用する。

 

f:id:tsubaki_t1:20140721092536j:plain

 

正直な所、このガジェットは(素材がダンボールとの事もあり)超劣化Oculus Riftとしか認識していなかったが、これとユニティちゃんARのようなARアプリと連携させると可能性が爆発した。

 

 

単純なARアプリではできなかったそこにいる感覚があるのだ。何人かに試してもらったが、手を伸ばして触ろうとする等、すごいリアルな感じがある*1。これはOculusRiftとは別のAR方向の楽しみ方が発生した感じだ。

 また単純に眺める系のアプリ*2であれば、ハコスコでもそれ程問題にならずに結構よく見える。頭に固定するベルトも無いので、髪型がきになる人もOKだ。

あと、超軽い(ダンボールだけに)超軽い(財布にも)

 

問題はiPhone専用に作られている為、大半のAndroidデバイスではカメラを塞いて使えない所だ。ずっと付けてると痛いのも欠点の一つだ。とは言え元々がシンプルなので、簡単に改造出来そうだ。

頭に固定しない事は複雑な操作が行えない欠点ともなる。こればかりは元がスマホなので、Bluetoothコントローラーと連動した新ハコスコが出る事を期待せざるをえない。

 

これはOculus Riftと同様、一度動かさないと分からない感動だ。

メタルギアとコラボすると予想)

 

ちなみにvuforiaとUnity(freeも可)を組み合わせれば簡単にハコスコ対応アプリが作れる。是非お試しあれ。

*1:元々ユニティちゃんARは馴染ませるARを目指した物とは言え、結構凄い

*2:日吉ジャンプ等