テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Monodevelopのカーソルが消える

MacMonodevelopを使っていると、選択用のカーソルが消えることが「極稀によくある」

この「再現したくても再現できないがしょっちゅう起こる」というのが厄介で、バグレポートを送ろうにも「カーソルが偶に消える」程度しか言えない。言い難い。

一応確定した対策としては「Monodevelopの再起動」があるのだが、これが微妙に面倒くさい。OSXはバツボタンを押してもアプリを終了してくれないので、態々右クリックからアプリの終了を選び終了させなければならない。しかも、アプリを終了させるとアンドゥが効かなくなるオマケ付き。

やっぱりMonodevelopは駄目じゃないか!


■対策
で、もうひとつの対策が見つかった。

理由はよくわからないが、テキストエディタ(というかカーソルが出るアプリ)にフォーカスを当ててカーソルを出してからMonodevelopに戻ると、カーソルが出現するらしい。

これなら日本語入力用のテキストエディタにフォーカス当てるだけなんで手間が少なく、しかもアンドゥ情報を保持できる。

しかし、うーん、不思議。