テラシュールブログ

旧テラシュールウェアブログUnity記事。主にUnityのTipsやAR・VR、ニコニコ動画についてのメモを残します。

Shade 3D for Unity

最近Shade 3D for Unityなるモデリングツールが無料公開されたらしい。

[Unity][Unity3d] Shade 3D for Unity を Mac App Store で無料配布開始
http://d.hatena.ne.jp/nakamura001/20121112/1352694512

ざっと見た感じ、そこそこ高級な機能が揃っているっぽい。

だが問題はそこじゃない。なんで「for Unity」の名前をつけているのか、それが問題だ。
ということで確認すると、大体こんな感じらしい。

・FBX-friendly Bone Structure
・Paintable Bone Weight Mapping Tool
・FBX compatible Inverse Kinematics Feature
・Scene Loader for Unity (imports .shd files; available through Unity Asset Store)
・Simple Spring Motion Simulator(Baked Simulation result exportable to Unity)
・Key Frame Animation(Baked Key Frame for Unity is output in addition to Key Frame for Shade)

ふーむなるほどねー、ふふーんふむふむ、そういうことかーなるほどわからん。


■.shdをインポートするアセットと連携する

とりあえずShadeのファイルをUnityにインポートする機能を確認してみた。

Shade 3D Loaderなるアセットでshd形式(Shade独自?)を自動的にFBXに変換できるらしい。その変換にShade 3D for Unityが必要らしい。

Shade 3D Loader
http://u3d.as/content/e-frontier-inc-/shade-3d-loader/3ud

インポートは自動で行なってくれるので、ユーザーは.shdファイルをUnityのassetフォルダに置くだけでいい。うーんシンプル。

そうなると、ワークフロー的には非常にシンプルになるかもしれない。デザイナーはとりあえずShadeで物を作りshd形式で保存、何か気になる所があればShadeでちょっと修正すれば、インポート周りはUnity側が勝手にやってくれる。
プログラマはFBXからプレハブを作って色々と使えば良い。

きっとこんな感じのワークフローになるに違いない
スクリーンショット 2012-11-12 22.42.42
と思って試してみたところ、何やらShadeのモデルと色が異なる。はて・・・?



他の「Unityに最適化している」と主張している部分も確認したいけど、このソフト6年ぶりくらいだから勝手が思い出せない。うーん